★PADの操作は、オンライン(インターネット上に繋がっている状態)で作業する必要があります

新しいフローを作る

1.「新しいフロー」を選択します。
  ★フロー=ロボット

2.名前を設定します。
  今回は「はじめてのPAD」にしましょう。

★実際に付ける名前は、
「具体的な業務名」(請求書発行)
または
「愛着がわく名前」(モリさん考案 → モリテック)
をオススメしてます

3.以上です。
  すごい簡単ですよね!

4.しばらくすると「デザイナー」と呼ばれる画面立ち上がってきます。
  PADでは、この画面でロボットを作成していきます。

2つの重要な機能

PADは、非常に多くの機能を有しています。
そのため、全て覚えようとすると非常に大変です。
まずは2つの重要なワードだけ覚えましょう。

① アクション
  ロボットを動かすためのパーツです。
  「エクセルを起動する」「ボタンを押す」のような、あらかじめ用意されたパーツがアクションです。

② フロー
  アクションを組み合わせて作るロボットの動きです。
  「IDを入力」→「パスワードを入力」→「ログインボタンを押す」というに作業の流れを設定します。

実際に作ってみましょう

それでは実際に作ってみましょう

1.画面左側のアクションの中から「Excel」を探し、その中にある「Excelの起動」を、画面中央にドラッグ&ドロップまたはダブルクリックします。
  この作業を「アクションの追加」と言います。

2.保存を押します。
  これだけで空の新しいExcelを起動することが出来ます。

3.同様の手順で「Excel ワークシートに書き込み」のアクションを追加します。

★「Excel ワークシート」とは、「現在表示しているシート」を指します。
 例えば、Sheet3に書き込みたい場合は、一度Sheet3を表示してから、このアクションを使用する必要があります。

4.ExcelのA1セルに「こんにちは」と書き込んでみましょう。
  各項目を以下のように設定してください。
  設定が終わったら保存を押します。

  書き込む値:こんにちは
  列:A
  行:1

5.ではロボットを実行してみましょう。
  実行を行うには、▶実行ボタンを押します。

6.Excelが起動し、A1セルに「こんにちは」と表示されましたか?
  PADはこのような手順でアクションを組み合わせて作成していきます。
  第一歩おめでとうございます!

アクションの見つけ方

さきほど画面の左側から「Excelの起動」を探しましたが、キーワードで検索することも出来ます。
最初はどんなアクションがあるか分からないので、手当たり次第に一覧から探すよりも、「クリック」「入力」など、行いたい操作を一度検索してみるのも効果的です。

それでは、先ほど作ったExcelの書き込みロボットに保存の処理を入れてみましょう。

1.画面左上のアクションの検索欄に「保存」と入力します。

2.最初と同様の手順で、Excelの保存アクションを追加します。
  保存モードは「名前を付けてドキュメントを保存」とし、ドキュメントパスは自分が保存したい場所と名前(はじめてのPAD.xlsx)を指定します。
  設定が終わったら保存を行ってください。

3.実行してエクセルファイルが保存されるか確認してください。

フローの保存

このまま閉じてしまうと、せっかく作成したフローが消えてしまいます。
作成したフローは必ず保存を行ってください。

フローの実行

さきほどはフローを作成しながら実行を行いました。
実はこの方法は、フローを開発している際の実行方法のため、通常の実行よりも遅くなるように開発されています。

実際にロボットを動かす場合は、コンソール画面(一番最初の画面)から実行します。

演習

先程作成したフローに、B2セルに自分の氏名を書き込んでください。
そして、処理の最後にExcelを閉じてください。


解答例

できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
Power Automate Desktop サポートプラン
Power Automate Desktop 開発入門講習会