Power Automateに関するトラブルシューティング、使えるテクニックなどの情報をまとめています。

トリガーを設定する(PA、PAD)

Power Automate Desktopは有償版ライセンスに限り、Power Automateと連携することである条件が満たされた際に自動実行を行う、といっ ...
続きを読む

接続先を編集する(PA)

Power Automateのコネクタに使用する接続先の情報を変更する場合、以下の方法で変更することができます。 Power Automateのメニューより、デ ...
続きを読む

トリガーが発火しない場合の対処(PA,PAD)

Power Automateにてトリガーを使用した際に発火しない場合があります。発火しない時は、コネクタやファイルサーバーの設定が原因の可能性があるため、以下を ...
続きを読む

Power Automateでエラーハンドリングをする(PAD)

【内容】 Power Automate Desktopでエラーが発生した場合にPower Automateでエラーハンドリングを行いたい 等。 【対応内容】 「 ...
続きを読む

インストール済みのOn-premises data gatewayのバージョンを確認する

Windowsマークから「On-premises data Gateway」を起動する。 ゲートウェイ バージョン番号を確認できます。 ...
続きを読む

スケジュール起動を利用する(PAD)

【前提条件】1.有償ライセンスであること。2.Power Automate DesktopがインストールされているPCにオンプレミスデータゲートウェイがインスト ...
続きを読む

ファイルトリガーを利用する(PAD)

Power Automateの「ファイル システム」コネクタを使用することで、ファイルをローカル環境(デスクトップ上など)やファイルサーバーに作成、追加、編集し ...
続きを読む

On-premises data gatewayは正しくインストールされているがPower Automateからの接続に失敗する

On-premises data gatewayは正しくインストールされているのに、Power Automateからの接続に失敗する場合は、以下をご確認ください ...
続きを読む