2021年7月26日

第1条 (目的)

Power Automate サポート利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社ASAHI Accounting Robot 研究所(以下「当社」といいます。)が提供するPower Automateサポート(以下、「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を、本サービスを利用する会員および非会員と当社との間で定めるものです。

第2条 (定義)

1. 「会員」とは、当社が定める手続きに従い本規約に同意の上、会員登録および所定の利用料を支払い本サービスを利用するものをいいます。
2. 「非会員」とは、会員としての資格登録を行わず、本規約に同意の上、利用するものをいいます。
3. 「ソフトウェア」とは、コンピュータ上で動作するアプリケーションに加え、Power Automate のクラウドフロー や Power Automate Desktop のデスクトップフロー、その他 Power Platform などのクラウドサービスで動作する仕組みを指します。
4. 「コンテンツ」とは、本サービスに掲載されているチュートリアル、Tips、フォーラム、サンプルなどあらゆる情報を指します。

第3条 (会員)

1. 会員は、以下いずれかのサポートサービスに申し込みを行うことで、本サービスの利用を行うことが出来ます。契約内容による利用可能なコンテンツの詳細は各コンテンツページを参照してください。

Advance サポート 月額50,000円(別途消費税)
・全てのコンテンツがご利用可能です

Basic サポート 月額30,000円(別途消費税)
・動画コンテンツはご利用いただけません

Compact サポート 月額5,000円(別途消費税)
・フォーラムは閲覧のみ可能です
・動画コンテンツはご利用いただけません

2. アカウントの管理
(1) アカウントは会員本人 または 当社が認めた組織のみが利用できるものとし、第三者に譲渡・貸与できないものとします。
(2) アカウントは、他人に知られることがないよう定期的に変更する等、会員本人が責任をもって管理を行ってください。
(3) アカウントを通じて当社に対して行われた意思表示は、会員本人の意思表示とみなし、そのために生じる支払等は全て会員の責任となります。

第4条 (利用代金の支払)

1. 会員は、本サービスの利用代金を毎月当社が指定する口座振替または口座振込の方法で支払うものとします。

2. 会員が支払いを行った場合は、第5条に従いサービスの停止又は解除の手続を取る場合があります。会員は、当社の請求により、当社の指定する方法にて直ちに未支払い分及び年14.6%の割合による遅延損害金をお支払いいただきます。

第5条 (会員資格の喪失及び賠償義務)

1. 会員 もしくは 会員の所属する組織が、当社との契約を終了したときは会員資格を喪失します。

2. 会員が、会員資格取得申込の際に虚偽の申告をしたとき、代金支払債務を怠ったとき、その他当社が会員として不適当と認める事由があるときは、当社は、会員資格を取り消すことができることとします。

3. 会員 または 非会員 が、以下の各号に定める行為をしたときは、これにより当社が被った損害を賠償する責任を負います。
(1) 会員番号、パスワードを不正に使用すること
(2) 当ホームページにアクセスして情報を改ざんしたり、当ホームページに有害なコンピュータープログラムを送信するなどして、当社の営業を妨害すること
(3) 当社が扱うコンテンツを侵害する行為をすること
(4) その他、この利用規約に反する行為をすること

第6条 (会員情報の取扱い)

1. 当社は、原則として会員情報を会員の事前の同意なく第三者に対して開示することはありません。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、会員の事前の同意なく、当社は会員情報その他のお客様情報を開示できるものとします。
(1)法令に基づき開示を求められた場合
(2)当社の権利、利益、名誉等を保護するために必要であると当社が判断した場合

2. 会員情報につきましては、当社の「プライバシーポリシー」に従い、当社が管理します。当社は、会員情報を、会員へのサービス提供、サービス内容の向上、サービスの利用促進、およびサービスの健全かつ円滑な運営の確保を図る目的のために、当社おいて利用することができるものとします。

第7条 (禁止事項)

本サービスの利用に際して、会員及び非会員に対し次の各号の行為を行うことを禁止します。

1. 法令または本規約に違反すること
2. 当社、およびその他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねること
3. 青少年の心身に悪影響を及ぼす恐れがある行為、その他公序良俗に反する行為を行うこと
4. 他の利用者その他の第三者に迷惑となる行為や不快感を抱かせる行為を行うこと
5. 有害なコンピュータープログラム、メール等を送信または書き込むこと
6. サーバーその他のコンピューターに不正にアクセスすること
7. アカウントを第三者に貸与・譲渡すること、または第三者と共用すること
8. 他人のアカウントにアクセスを試みること
9. 本サービスのコンテンツを転載・譲渡・販売すること、または第三者と共有すること
10. 本サービスを利用し得た知識により第三者に対し不利益となるソフトウェアを開発すること
11. その他当社が不適切と判断すること

第8条 (サービスの中断・停止等)

1. 当社は、本サービスの稼動状態を良好に保つために、次の各号の一に該当する場合、予告なしに、本サービスの提供全てあるいは一部を停止することがあります。
(1) システムの定期保守および緊急保守のために必要な場合
(2) システムに負荷が集中した場合
(3) 火災、停電、第三者による妨害行為などによりシステムの運用が困難になった場合
(4) その他、止むを得ずシステムの停止が必要と当社が判断した場合

第9条 (サービスの変更・廃止)

当社は、その判断により本サービスの全部または一部を事前の通知なく、適宜変更・廃止できるものとします。

第10条 (免責)

1. 会員及び非会員が本サービスを利用し開発したソフトウェアに関し、当社は一切の責任を負いません。
2. 通信回線やコンピューターなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他当社のサービスに関して会員に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
3. 当社は、当社のウェブページ・サーバー・ドメインなどから送られるメール・コンテンツに、コンピューター・ウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証いたしません。
4. 会員が本規約等に違反したことによって生じた損害については、当社は一切責任を負いません。

第11条 (本規約の改定)

当社は、当社が必要と判断した場合、本規約を変更することがでるものとし、また、当社において本規約を補充する規約(以下、「補充規約」といいます。)を定めることができます。その場合、当社は、改定後の本規約または補充規約および効力発生日を、当社ウェブサイトに掲示し、効力発生日から効力を生じるものとします。会員および非会員は、改定後の規約および補充規約に従うものとします。

第12条 (準拠法、管轄裁判所)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関して紛争が生じた場合、当社本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。