上級編では、カスタムセレクターの実践的な使い方、正規表現の使い方、SQLの使い方、APIの呼び出し方などより高度な分野を学んでいきます。
難易度は非常に高く、大変かもしれませんが、ここまで出来れば、Power Automate Desktopのエキスパートとして、活躍できる事間違いなしです!

継続運用を考えたフローの構築

上級編では、PADを使う上での様々なテクニックを学習していきますが、最も大切なのは作成したフローを継続して運用

詳細を読む

他のデスクトップフローを実行する

PADは、実行しているフローから他のフローを呼び出すことが出来ます。これにより処理のパーツ化を行うことができ、

詳細を読む

条件分岐(上級編)

これまでIf-Else if-ElseアクションとSwitch-Caseアクションを使った条件分岐を行ってきま

詳細を読む

Webサービスの呼び出し(Web API)

Web APIを使用することで、処理の進捗状況をチャットで送信したり、データを登録を行うといったことが可能とな

詳細を読む

正規表現

「正規表現」を使用することで、Power Automate Desktop で処理出来る業務の幅が大きく広がり

詳細を読む

再帰処理

再帰処理とは、自分自身を呼び出す処理を言います。例えば、ブラウザが正しく起動しなかった場合(動作しなかった)、

詳細を読む

Active Directory 操作

Active Directory(AD) を導入している企業も多くいらっしゃると思います。PADでは、ADへの

詳細を読む

SQLの実行

SQLはデータベースに対して、データの抽出(検索)や登録、更新、削除を行う言語です。通常は、SQL Serve

詳細を読む

VBScript

VBScript(VBS)は、マイクロソフト社が開発したスクリプト言語で、20年以上Windowsに搭載されて

詳細を読む

JavaScript

JavaScript は多くのWebサイトで動的な動作を行う際に用いられるスクリプト言語です。Windows

詳細を読む

PowerShell

PowerShell(パワーシェル) とは、Microsoft が開発したスクリプト言語で、Windows に

詳細を読む