「正規表現」を使用することで、Power Automate Desktop で処理出来る業務の幅が大きく広がります。
例えば、テキストから数字のみを抜き出す、メールの文中から顧客名や金額を取り出す、[開始]から[終了]の間を取り出すといったことが可能になります。
例えば、メールでの注文の自動化、セミナーの申し込み自動化などが適用業務として考えられます。

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。