WinAutomationに関するトラブルシューティング、使えるテクニックなどの情報をまとめています。

同時に起動できるプロセス数を制御したい (WinAutomation)

概要 WinAutomationでは同時実行制御を簡単に行うことが可能です。 例えば、下図のようなケースを想定したとします。 この場合、プロセスA-1が実行中に ...
続きを読む

ツリービュー(ツリーノード)を選択する (WinAutomation)

マクロレコーダーを用いた場合は、Click Element in Windowアクションが設定されますが、このアクションを用いた場合、正しくツリーを選択できない ...
続きを読む

Listの変数を利用して計算を行う (WinAutomation)

Listに格納された値を利用する場合、General Valueという型が適用されてしまうため、コンパイルエラーとなります。 Set Variable %Res ...
続きを読む

マクロレコーダーで文字列の取得や項目の有効化待機を設定する (WinAutomation)

Webレコーダーではオレンジ色の枠が表示されるため、視覚的にわかりやすく項目の待機を設定することが出来ます。 一方マクロレコーダーの場合は、通常の操作では枠が表 ...
続きを読む

上位のタグを選択する方法 (WinAutomation)

Ctrl+Shiftキーを同時に押下することで、1上の階層に移動することが可能です。 下記の場合、imgタグにフォーカスが当たっている場合は、Ctrl+Shif ...
続きを読む

Run Excel Macroを実行すると処理が進まなくなる (WinAutomation)

Run Excel Macroアクションはマクロが終了するまで、処理を待機します。 そのため、マクロ側でメッセージボックスが表示されると、マクロが終了せず、処理 ...
続きを読む

Convert Text to Datetimeで13:00が01:00となってしまう (WinAutomation)

Convert Text to DatetimeアクションのCustomで時刻設定を行うと、時刻は01:00:00となってしまいます。 標準では hh-mm-s ...
続きを読む

Javaで構築されたアプリケーションが操作できない (WinAutomation)

Javaで構築されたアプリケーションを操作するためには、Java Access Bridgeを有効化する必要があります。 設定を反映するため、設定後は再起動を行 ...
続きを読む

実行中ポップアップがボタンなどと重なりクリックに失敗する (WinAutomation)

現象 WinAutomationでは、画面の操作を行う際、以下のパターンで処理が分かれます。 Webページに対する操作一般的なアプリケーションなどのWindow ...
続きを読む

プロセスのインポート(取込)、エクスポート(出力)方法 (WinAutomation)

インポート手順 プロセスデザイナーを起動し、Import Processボタンを押下します。 インポートしたいプロセスファイル(wajファイル)を選択します。複 ...
続きを読む