セレクタって何?

セレクターとは、PADが画面のUI要素を認識するために使用するパスのようなものです。
どの画面のどの要素なのかを判定するために使用され、親子で構成されています。
親:どの画面(ウィンドウ)なのかを判断する
子:どの要素(ボタンなどのコントロール)なのかを判断する

例えば、当サイトのメニューを取得した場合は、以下のような構成になっています。

「Web Page・・・」となっているのが、どのWebページなのかを表し、「<a> ‘・・・’」というのが、どのボタンなのかを表しています。

普段は意識することなく利用できますが、どういったときにこのセレクターを使用(意識)するのでしょうか?
よくあるケースを2つ挙げてみます。

・画面のタイトルが変わる場合

・上から順々にクリックしたい

恐らくRPAを使ってフローを作成していく中で、多くの方がヒットする問題だと思います。
セレクターを手直しする事で、これらの問題を解決することが出来ます。

セレクターの直し方

セレクターを直すには、UI要素の中から修正したいセレクタをダブルクリックで選択します。
すると、セレクターの一覧(通常は1つのみ)が出てくるので、修正したいものをダブルクリックして開きます。

すると、以下のどちらかの画面が表示されると思います。

ビジュアルセレクタービルダー:UI要素追加を手動で行った場合

カスタムセレクタービルダー:レコーダー機能を使って記録した場合

セレクターを修正する画面は、上記の2つでそれぞれ以下のような特徴があります。

1.ビジュアルセレクタービルダー
  要素の検出する際の条件をチェックボックスで指定でき、また値欄を変更することで、項目の変更を行う音が可能です。
  正規表現と呼ばれる方法を利用することで、複雑な条件を設定することも出来ますが、変数を使用することは出来ません
  また、カスタムセレクタービルダーに変更することも出来ますが、一度カスタムに変更し保存した場合は、ビジュアルセレクタービルダーに戻すことは出来ません。

2.カスタムセレクタービルダー
  セレクターの値を直接コードのようなもので指定します。
  変数を利用することも可能です。

セレクタービルダーの使い方

サポート会員様限定のコンテンツです。
サポートプランをご契約いただくと閲覧できます。
サポートについて

カスタムセレクタ―の使い方

サポート会員様限定のコンテンツです。
サポートプランをご契約いただくと閲覧できます。
サポートについて
できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
Power Automate Desktop サポートプラン
Power Automate Desktop 開発入門講習会