これまでUI要素による画面操作を学習してきました。
しかしUI要素では全ての情報を判断することは出来ません。

例えば、ピクトグラム(アイコン)で競技を判定したい場合、ピクトグラムは画像のため、UI要素では判定できない可能性が高いです。
またリモートデスクトップやCitrixなどのリモート先のアプリケーション画面をUI要素として認識することはできません。

PADでは「画像認識」という機能を用いることで、これらを処理できるようになります。
なお画像認識は、画面や画像からテキストを読み取るOCR機能とは全く異なりますので注意してください。

画像認識使用時の注意点

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。

画像認識アクションの使い方

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。

レコーダーで画像認識を使用する

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。

画像照合アルゴリズム

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。

遅延画像キャプチャ

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。

画像のフォルダ分け

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。

未使用の画像の削除

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。

許容値

サポート会員様限定のコンテンツです。
ご利用人数は無制限で月額5500円からご利用可能です。