Microsoftから提供されているProcess Migratorを使用することで、WinAutomationで作成したフローをPower Automate for desktop(以下PA4d)に移行することが出来ます。

Process Migratorのインストールから、実際に使用しフローを移行する手順は以下となります。

【インストール手順】


・インストーラーのダウンロード

まずはProcess migratorを使用する端末にインストールします。

Process Migratorのインストーラーは下記リンク先の「セットアップファイルのダウンロード」からダウンロードすることができます。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-automate/desktop-flows/softomotive-migrator


※注意
Process Migratorは2021年11月にアップデートされており、以前のバージョンをインストールしている場合は、Process Migratorが使用できない可能性があります。
Process Migratorは最新バージョンをインストール後に使用してください。

・参考
Process Migratorが使用できない(サポートサイト フォーラム)
https://support.asahi-robo.jp/forums/topic/process-migrator%e3%81%8c%e4%bd%bf%e7%94%a8%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84/


・Process Migratorのインストール

セットアップファイル(Setup.Microsoft.Migrator.exe)をダウンロード後、exeファイルを起動すると以下の画面が表示されるので、Nextをクリックします。




「I accept the above condition.」と「By selectiong ‘install’,~~」にチェックを入れ、Installをクリックします。




インストールが完了すると以下の画面が表示されるので、Closeをクリックして完了します。これでProcess Migratorのインストールは終了です。




【使用手順】

・Process Migratorの起動

Process migrator for Softomotive products (preview)を起動します。
Process MIgratorは下記ショートカットアイコン、もしくは検索バーからProcess Migratorを検索して起動してください。



・起動後の操作手順

起動すると、 有償ライセンス(Per user plan with attended RPA)が付与された
Microsoftアカウント(**@**.onmicrosoft.comのアドレス)の入力を求められます。

入力してNext。



アカウントを選択するウィンドウが表示されるので、アカウントを選択。




WinAutomationとProcess Robot どちらのフローを移行するか選択します。
テキストフィールドにはMaster Keyを入力しますが、入力せずとも使用可能です。
終了後、Nextをクリック。

WinAutomationもしくProcess Robotのフローが表示されるので、移行するフローを選択します。
フローは複数選択することが可能です。
「Select environment to migrate ~~」で移行する環境を選択し、「Start Migration」をクリックすると移行が開始されます。

完了するとログが表示されます。これで移行は完了です。
Exitを押すとProcess Migratorが終了します。

完了後、フローをWinAutomationから移行した場合は「WA_”移行フロー名”」、ProcessRobotから移行した場合は「PR_”移行フロー名”」の名称で、指定した環境に移行されていることを確認します。
また、移行に対応していないアクションも存在するため、フロー内容の確認と動作テスト後に運用するようにしてください。

【移行時の注意点】


・アクションが「不明なアクション」となってしまう。


<対処法>
PA4dは旧バージョンと最新のバージョンでアクションのグループ等が異なるので、旧バージョンに対して移行を行うと、一部アクションが不明なアクションとして移行されてしまいます。
そのため、移行時はPA4dが最新のバージョンであるか確認してください。最新バージョンでない場合は、最新バージョンにアップデート後に再度お試しください。


・「Web ページからデータを抽出する」アクションで、データが抽出されない。動きがおかしい。


<対処法>
アクションを移行する際、セレクター情報に {<{<{<SelectorSeparator>}>}>} の文字列が付与されていることが原因であるため、削除することで改善できます。


セレクター情報の更新は以下の手順で行うことが出来ます。
➀「Web ページからデータを抽出する」 アクションをPA4d上でコピー
➁メモ帳を起動し貼り付け
➂ {<{<{<SelectorSeparator>}>}>} を削除
④削除後、アクションの情報をコピーし、再度PA4dに貼り付け


もしくは、 「Web ページからデータを抽出する」アクション をPA4dで作成し直すことで改善できます。


・「Default Case」アクション内で移動先アクションを実行すると、ラベルに移動せずフローが終了する。


<対処法>
PA4dの不具合による事象であるため、現状アクションの改善は出来ません。
「If」、「Else」アクションに置き換える、もしくは「Default Case」アクションを「Case」アクションに置き換え、条件で「<>(等しくない)」と設定することで対処できます。

・参考
Default Caseアクション内で移動先アクションを実行すると、フローが終了する
(サポートサイト フォーラム)
https://support.asahi-robo.jp/forums/topic/default-case%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%86%85%e3%81%a7%e7%a7%bb%e5%8b%95%e5%85%88