カスタムオブジェクト型のデータをJSONフォーマットに変換する

Microsoft Docs

変数 | Microsoft Docs – Power Automate | Microsoft Docs

業務での利用頻度

★★★☆☆ 定期的に使用します

オススメ度

★★★★☆ WebAPIとのデータ連携などで使用します

用途・目的

  • カスタムオブジェクト化したデータのJSON化
    • 他システムとのデータのやり取り

使い方

アクショングループ:変数
アクション名:カスタム オブジェクトを JSON に変換

全般

カスタム オブジェクトカスタムオブジェクト型の変数カスタムオブジェクトを指定

生成された変数

CustomObjectAsJsonJSON形式のテキストデータ

エラー発生時の処理(例外処理設定)

カスタムオブジェクトの解析エラーカスタムオブジェクトからJSONに変換できない

利用サンプル

SET CustomObject TO { 'code': '0001', 'company': 'ASAHI Accounting Robot 研究所', 'name': 'T2' }
Variables.ConvertCustomObjectToJson CustomObject: CustomObject Json=> CustomObjectAsJson

注意事項

  • PADのバージョンが古い場合、階層化されたデータで実行するとエラーになります。バージョンアップを行ってください。
  • 生成されたJSONはテキストベースの値なので、ファイルとしてやり取りする場合は、テキストをファイルに書き込みます アクションを使用して保存してください