JSONフォーマットのデータをPADで扱えるようにカスタムオブジェクト型に変換する

Microsoft Docs

変数 | Microsoft Docs – Power Automate | Microsoft Docs

業務での利用頻度

★★★☆☆ 定期的に使用します

オススメ度

★★★★☆ PowerShellを使用する場合など、様々なケースで利用します

用途・目的

  • JSONファイルをPower Automate Desktopで扱う
    • WebAPIをアクションを使わずに利用する場合
    • PowerShellのPSObjectをPADに渡したい場合(ConvertTo-Jsonを付ける)

使い方

アクショングループ:変数
アクション名:JSON をカスタム オブジェクトに変換

全般

JSONJSONフォーマットのテキスト変数を指定するか、直接JSONを設定

エラー発生時の処理(例外処理設定)

JSONの解析エラーカンマが指定されてない、””で囲まれていない等、JSONフォーマットが不正な可能性があります

利用サンプル

SET Json TO $'''{
   \"code\": \"0001\",
   \"company\": \"ASAHI Accounting Robot 研究所\",
   \"name\" : \"T2\"
}'''
Variables.ConvertJsonToCustomObject Json: Json CustomObject=> JsonAsCustomObject

注意事項

  • JSONファイルを直接変換することは出来ません。一度変数として読み込んでからアクションを実行してください。