「新しい Chrome を起動する」アクション、「新しい Microsoft Edge を起動する」アクションでエラーが発生する場合があります。

【エラー内容】

■Microsoft Edge でのエラー例

エラー:
アクション ‘新しい Microsoft Edge を起動する’ が失敗しました。

エラーの詳細:
アクション ‘LaunchEdge’ の実行中に問題が発生しました。 Microsoft Edge を制御することができませんでした (内部エラーまたは通信エラー)。

■Chrome でのエラー例

エラー:
アクション ‘新しい Chrome を起動する’ が失敗しました。

エラー詳細:
アクション ‘LaunchChrome’ の実行中に問題が発生しました。 Chrome を制御することができませんでした (内部エラーまたは通信エラー)。


【対応方法】

Microsoft Support:Error ‘Failed to assume control of Microsoft Edge/Chrome/Firefox’


■ケース1

・Power Automate Desktop のフローデザイナーから対応するWebの拡張機能をインストトールします。

・拡張機能がインストール済みの場合、削除して再インストールしてください。

・ブラウザーを再起動します。

■ケース2

例)Chromeの場合

「新しい Chrome を起動する」アクションを設定する。

 起動モード:新しいインスタンスを起動する
 初期 URL:既定の URL

アクションが失敗した場合のルールを作成する。
「エラー発生時」をクリックする。

「フロー実行を続行するをクリック」する。

ドロップダウンリストを「次のアクションに移動」にする。

「保存」をクリックする。

「新しい Chrome を起動する」アクションを設定する。

 起動モード:実行中のインスタンスに接続する
 Chrome タブに接続する:URLを使用
 タブのURL:既定のURL
 生成された変数:前述の「新しい Chrome を起動する」アクションで生成される変数(例:%Browser%)

「エラー発生時」をクリックし、「エラーが発生した場合にアクションを再試行する」を有効にする。
「回数」をクリックして「20」に設定する。
「秒」をクリックして「5」に設定する。
「保存」をクリックする。

「Web ページに移動します」アクションを設定します。
 Web ブラウザー インスタンス:前述の「新しい Chrome を起動する」アクションで生成される変数(例:%Browser%)
 移動:URL に移動
 URL:既定のURL

フロー例:

■その他

・拡張機能の「無効」→「有効」の実施

・ブラウザーのキャッシュとCookieを手動で削除、ブラウザーの再起動

・値 “comSpec” と値 “C:\WINDOWS\system32\cmd.exe コンピューター上に存在することを確認。

・Chrome の場合のみ:%localappdata%\Google\Chrome\User Data\Default\Preferences で “exit_type” パラメーターを “normal” に設定。