リストから指定した値を削除する

Microsoft Docs

変数 | Microsoft Docs – Power Automate | Microsoft Docs

業務での利用頻度

★★☆☆☆ まれに使用する

オススメ度

★★☆☆☆ Datatableが消せれば用途は高いが、対象がはListのみなのでイマイチ!

用途・目的

・特定の要素を除外したい場合に使用する

使い方

変数 > リストから削除 アクションを配置、項目を設定する。

インデックスを選択した場合

値を選択した場合

全般

項目の削除基準インデックス または 値インデックス、値のどちらで削除するか選択
インデックス削除したいインデックス[項目の削除基準]をインデックスに設定した場合のみ表示
0から指定する
削除したい値[項目の削除基準]を値に設定した場合のみ表示
削除したい項目を設定する
一致した項目をすべて削除ON-OFF [項目の削除基準]を値に設定した場合のみ表示
指定した値に合致する項目を全て削除したい場合はON
削除元リスト削除元のList元のList型変数を指定する

エラー発生時の処理(例外処理設定)

項目インデックスが対象外です1行しかないのに[2]を指定している等、指定したインデックスが存在しません
項目が見つかりません指定した項目がリスト内に存在ません

注意事項

・List型以外の変数を指定した場合は、エラーにならず値のないList型に変換されるため、注意してください。
・Loopアクションで上から順に削除していくと、削除するたびにインデックス番号が変わってしまうため、「リストを逆にする」アクションを使用して、降順にしてから削除してください。