【前提条件】
1.有償ライセンスであること。
2.Power Automate DesktopがインストールされているPCにオンプレミスデータゲートウェイがインストールされていること

インストールされていない場合、以下を参照してください。
【Power Automate Desktopの始め方】②:on-premises data gatewayインストール~クラウドフローからPAD呼び出しまで
https://qiita.com/K2_kzy/items/8715f15c41682d34bf6c

【設定方法】
ファイルトリガーを利用する場合、Power Automate(クラウドフロー)からの呼び出しとなります。

Power Automateの「新しいフロー」から「自動化したクラウドフロー」を選択します。

フロー名を入力し、「フローのトリガーを選択してください」から「ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)」を選択します。
「作成」ボタンをクリックします。

ファイルシステムにて接続の設定を行います。

接続名:任意の接続名(自分がわかりやすいもの)

ルートフォルダー:ファイルトリガーを発生させるフォルダのルートパス

認証の種類:Windows(そのまま)

ユーザ名:PCのユーザ名

パスワード:PCのログインパスワード

Gateway:gateway(そのまま)

「フォルダー」にフローの起動トリガーとなるフォルダーを設定する。

【参考イメージ図】

サポート会員様限定のコンテンツです。
サポートプランをご契約いただくと閲覧できます。
サポートについて

「+新しいステップ」から「Power Automate Desktopで構築したフローを実行する」を選択する。

呼び出したいデスクトップフローを選択し、保存します。

【トラブルシューティング】

・フォルダにファイルを入れてもフローが実行されない。

トリガーが反応するまで1分程度時間が必要です。

フォルダーパスが正しくない可能性があります。フォルダーパスを見直してください。