コメント

フローを作成する際、「コメント」アクションを使用し、コメントを残すことで、後から見直した時に、非常にわかりやすくなります。
また複数人でメンテナンスを行う際にも、非常にメリットがあるため、コメントは積極的に残すようにしましょう。

アクションの移動

アクションはドラッグ&ドロップすることで、移動を行うことが可能です。
また右クリック > コピーで、アクションのコピーを行うことも出来ます。

アクションの無効化

アクションは「右クリック>無効にする」とすることで、実行されない状態にすることが出来ます。

アクションの削除

不要になったアクションは、Deleteキー もしくは 右クリック > 削除から消すことが可能です。

ここから実行

▶から実行を行うと、必ず先頭から処理が開始されます。
しかし、部分的な動作確認の場合は、頭から実行するよりも、特定の位置から実行した方が、非常に効率的です。

ブレークポイント

行番号の横を押すと「ブレークポイント」を設定することが出来ます。
「ブレーク」は、休憩時間を表すブレークタイムと同じ意味で、実行した際に、処理を一時停止することが出来ます。

できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA
Power Automate Desktop サポートプラン
Power Automate Desktop 開発入門講習会